お客様のご要望から生まれた新しい八雲塗

八雲白檀「琥珀」

 近年、展示会において、無地が欲しいというご要望が多数寄せられました。  

 元来、八雲塗は花鳥風月を色漆で描く絵付の器でしたが、そのご要望にお応えし、八雲塗の伝統技法と特徴を生かした無地の器を考案しました。

その製造過程

 生漆を用いて国産本金箔を一枚一枚丹念に手貼りする。

 

*漆は縄文時代から接着剤としても

 使用されてきました。

 欠けた陶器を補修する「金継」も

 この性質を生かしたものです。


 貼重ねた金箔の上から、半透明の飴色をした木地呂漆(透漆)を幾重にも塗り重ね、八雲塗の伝統技法である蝋色砥ぎ、蝋色仕上げを行う。

その特徴

 完成直後は、上に塗り重ねた透漆の色合で、深みのある濃いワイン色をしていますが、お使い頂く内に、塗り重ねた透漆が光の作用で透明度を増していきますので、下に貼った金箔の色が鮮やかに浮かび上がってきます。

  

 これが、他の産地にはない、漆の持つ独特な性質を十二分に

生かした、八雲塗の最大の特徴です。